悦楽(読み)えつらく

精選版 日本国語大辞典「悦楽」の解説

えつ‐らく【悦楽】

〘名〙
① 物事に対して喜びしむこと。また、心を快感で楽しませること。
※集義和書(1676頃)一四「憂苦を去て楽を求るは俗楽也」 〔漢書‐礼楽志〕
② 仏語。現世の欲求を超越したところに得られる精神の安慰満足。大歓喜
※天柱集(1348頃)大喜「天高難此懽懐、悦楽於心豈有涯」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「悦楽」の解説

えつ‐らく【悦楽】

喜びを得て楽しむこと。喜び満足すること。「悦楽にひたる」
[類語]快楽歓楽享楽享受逸楽謳歌淫楽楽しむ喜び満悦愉悦喜悦祝い祝賀喜色歓喜歓心狂喜驚喜随喜大悦恐悦法悦愉楽愉快大喜び糠喜び空喜び

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「悦楽」の解説

【悦楽】えつらく

よろこび楽しむ。蜀・諸亮〔新書、勝敗第二十七〕賢才上に居り、不下に居るときは、三軍樂し、士卒畏懼す。

字通「悦」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android