コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入笠山 にゅうがさやま

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕入笠山(にゅうがさやま)


長野県南東部、赤石(あかいし)山脈(南アルプス)北端にある高原状の山。標高1955m。東斜面はフォッサマグナの断層崖(がい)。北東に蓼科(たてしな)高原、北に諏訪(すわ)盆地を望む。なだらかな山頂付近はレンゲツツジ・スズランなどが咲く草原で、絶好のハイキングコースとなる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうかさやま【入笠山】

長野県南東部,南アルプス北端にあたる標高1955mの山。〈にゅう〉というのは稲束を重ねたもので,これが笠のような形になっていることから名付けられたといわれ,スズランが多いので鈴蘭山とも呼ばれる。山小屋もあるが,中央本線の富士見駅,青柳駅からの日帰り登山が可能で,東京方面からのハイキングコースとして知られている。山頂からは八ヶ岳,蓼科山などの展望がすばらしく,山腹は牛の牧場にもなっている。【市川 健夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

入笠山の関連キーワード長野県諏訪郡富士見町フォッサマグナ諏訪盆地富士見町断層崖高原