入笠山(読み)にゅうがさやま

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕入笠山(にゅうがさやま)


長野県南東部、赤石(あかいし)山脈(南アルプス)北端にある高原状の山。標高1955m。東斜面はフォッサマグナの断層崖(がい)。北東に蓼科(たてしな)高原、北に諏訪(すわ)盆地を望む。なだらかな山頂付近はレンゲツツジ・スズランなどが咲く草原で、絶好のハイキングコースとなる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうかさやま【入笠山】

長野県南東部,南アルプス北端にあたる標高1955mの山。〈にゅう〉というのは稲束を重ねたもので,これが笠のような形になっていることから名付けられたといわれ,スズランが多いので鈴蘭山とも呼ばれる。山小屋もあるが,中央本線の富士見駅,青柳駅からの日帰り登山が可能で,東京方面からのハイキングコースとして知られている。山頂からは八ヶ岳,蓼科山などの展望がすばらしく,山腹は牛の牧場にもなっている。【市川 健夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入笠山の関連情報