コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入笠山 にゅうがさやま

2件 の用語解説(入笠山の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕入笠山(にゅうがさやま)


長野県南東部、赤石(あかいし)山脈(南アルプス)北端にある高原状の山。標高1955m。東斜面はフォッサマグナの断層崖(がい)。北東に蓼科(たてしな)高原、北に諏訪(すわ)盆地を望む。なだらかな山頂付近はレンゲツツジ・スズランなどが咲く草原で、絶好のハイキングコースとなる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうかさやま【入笠山】

長野県南東部,南アルプスの北端にあたる標高1955mの山。〈にゅう〉というのは稲束を重ねたもので,これが笠のような形になっていることから名付けられたといわれ,スズランが多いので鈴蘭山とも呼ばれる山小屋もあるが,中央本線富士見駅,青柳駅からの日帰り登山が可能で,東京方面からのハイキングコースとして知られている。山頂からは八ヶ岳蓼科山などの展望がすばらしく,山腹は牛の牧場にもなっている。【市川 健夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

入笠山の関連キーワード中川村南アルプス南アルプス国立公園鷲羽岳南アルプス市辰野ユリスケアルプス南アルプスむら長谷アルプス[山脈]長谷[村]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

入笠山の関連情報