コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全割 ぜんかつtotal cleavage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全割
ぜんかつ
total cleavage

動物卵の卵割の一型で,卵割面が卵全体にでき,完全に割球に分けられる卵割。部分割に対する語。等黄卵 (ウニ,ナメクジウオ) や,卵黄の少い端黄卵 (カエル) にみられる。卵割の最も基本の型で,卵黄の量を増すにつれ変形される。全割はさらに,割球の大きさの等しい等割と,等しくない不等割に分けられ,後者には螺旋卵割もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐かつ【全割】

動物の受精卵の卵割が卵全体にわたる形式のもの。等黄卵や端黄卵でみられ、割球の大きさがほぼ等しい等割と不均等な不等割とがある。→部分割

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんかつ【全割】

動物の受精卵の全体が完全に割球に分かれる卵割様式。等黄卵(ウニ類・哺乳類)や卵黄の分布が偏った端黄卵(両生類)にみられる。全卵割。 ↔ 部分割

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の全割の言及

【卵割】より

… 卵の貯蔵物質の中で,しばしば大きな顆粒(かりゆう)の形をとり,量的にも多い卵黄は,卵割のパターンに影響を与える。卵黄の量が比較的少ないウニや哺乳類などの卵は,通常の細胞分裂と同じように,完全に2個ずつの割球に分裂する全割を行うが,魚類や鳥類のように卵黄の量がおびただしくなると,卵割は卵表面のごく限られた扁平な領域でのみ行われる盤割となる。この場合の卵割は,卵黄に接する部分の細胞質が完全には仕切られない部分割である。…

※「全割」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

全割の関連キーワード農業調整法カワヤツメ触手動物腔腸動物桑実胚植物極分割貝類

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全割の関連情報