全反射プリズム(読み)ぜんはんしゃプリズム

百科事典マイペディア「全反射プリズム」の解説

全反射プリズム【ぜんはんしゃプリズム】

直角プリズムとも。切口が直角2等辺三角形のプリズム光線の方向を変えるのに使われる。直角をはさむ面に垂直に入射した光は1回全反射して90°方向を変え(潜望鏡などに応用),斜面に垂直に入射した光は2回全反射して180°方向を変える(プリズム双眼鏡などに応用)。→全反射
→関連項目双眼鏡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「全反射プリズム」の解説

ぜんはんしゃ‐プリズム【全反射プリズム】

〘名〙 (プリズムはprism) 全反射を利用して光線の方向を九〇度、または一八〇度変える二等辺直角プリズム。直角プリズム。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の全反射プリズムの言及

【全反射】より

…全反射された光は残りの等辺の側面を垂直に射出する。このようなプリズムを全反射プリズムという。双眼鏡には像の倒立を直す全反射プリズムの一種,ポロプリズムが用いられる(図)。…

※「全反射プリズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android