切口(読み)キリクチ

デジタル大辞泉の解説

きり‐くち【切(り)口/×截り口】

物を切った面。切断面。小口(こぐち)。
切り傷の口。
切る手並み。また、方法。物事を批判したり分析したりするときの、着眼や発想のしかたなど。「新しい―で批評する」
封をした袋などで、そこから切り開くようにつけられた目印や切れ目。
紋所の名。ナシ果実を縦に切った面を模様化したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きれ‐くち【切口】

〘名〙
① 物の切れたところ。切れた断面。きりくち。
※浄瑠璃・傾城酒呑童子(1718)一「身もわき出る池水(いけみづ)に、人目づつみのきれ口は、いかな止めても押へても」
② 切る腕前。切る手なみ。
※浄瑠璃・唐船噺今国性爺(1722)上「切れ口、手心はよけれ共、あばら三枚かかったり」
③ たんかを切ること。威勢のよい放言。
※談義本・檠下雑談(1755)三「まして道の二里や三里夜中に歩行(あるく)とて何事の有べきとのきれ口には、送り人もやめに成ぬ」
④ 相手と手を切る旨の文句。
※洒落本・大通契語(1800)「佗言をして貰とて心におもわぬ切口や金の無心を書た処」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報