コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)口/截り口 キリクチ

デジタル大辞泉の解説

きり‐くち【切(り)口/×截り口】

物を切った面。切断面。小口(こぐち)。
切り傷の口。
切る手並み。また、方法。物事を批判したり分析したりするときの、着眼や発想のしかたなど。「新しい―で批評する」
封をした袋などで、そこから切り開くようにつけられた目印や切れ目。
紋所の名。ナシの果実を縦に切った面を模様化したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

切(り)口/截り口の関連キーワード梅屋庄吉(1868~1934)と孫文(1866~1925)ギルバート アデアカバリエリの定理ヤシ酒(椰子酒)ヒラタカメムシ全反射プリズムサイトカイニンカシューナッツマユハキタケ球面三角法表面あらさ十八不共法パンパイプ古川 大航藤岡有貞新居関跡極小曲面レンズ雲浜名大橋円錐曲線

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android