コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)口/截り口 キリクチ

デジタル大辞泉の解説

きり‐くち【切(り)口/×截り口】

物を切った面。切断面。小口(こぐち)。
切り傷の口。
切る手並み。また、方法。物事を批判したり分析したりするときの、着眼や発想のしかたなど。「新しい―で批評する」
封をした袋などで、そこから切り開くようにつけられた目印や切れ目。
紋所の名。ナシの果実を縦に切った面を模様化したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

切(り)口/截り口の関連キーワード梅屋庄吉(1868~1934)と孫文(1866~1925)ギルバート アデアヤシ酒(椰子酒)カバリエリの定理サイトカイニンカシューナッツヒラタカメムシ全反射プリズムマユハキタケ十八不共法球面三角法パンパイプ表面あらさ古川 大航極小曲面ニッパーレンズ雲藤岡有貞新居関跡浜名大橋

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android