コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全国高等学校写真選手権大会 ぜんこくこうとうがっこうしゃしんせんしゅけん

知恵蔵miniの解説

全国高等学校写真選手権大会

全国の高等学校の写真部・写真サークルを対象とし行われる写真大会。通称「写真甲子園」。主催は写真甲子園実行委員会、後援は文部科学省・北海道・北海道教育委員会・共同通信社・NHK他。第1回は1994年で、以降毎年1回開催されている。第1回大会の応募校数は161校で、2014年の21回大会では521校にまで増えた。高校生3名でチームを結成し、予選は自由テーマで4枚~8枚の組写真を1作品として応募(1校1作品)、各ブロックの代表校18校ほどが決定される。代表校のメンバーと監督は、夏休み期間中の数日間、北海道の本戦会場に行き、東川町・美瑛町・上富良野町東神楽町・旭川市ならびに大雪山国立公園一帯の撮影フィールドで撮影し、テーマのある組写真を提出する。審査は公開で行われ、優勝・準優勝・優秀賞・敢闘賞・町民が選ぶ特別賞・キヤノンスピリット賞などが選ばれる。2014年大会では、8月4日に代表校が東川町に入り、5日に開会式が、6日~8日に本戦が行われ、交流会や国際写真フェスティバルへの参加などを行い、11日に解散した。

(2014-9-10)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android