全数把握疾患(読み)ゼンスウハアクシッカン

デジタル大辞泉の解説

ぜんすうはあく‐しっかん〔‐シツクワン〕【全数把握疾患】

感染症予防法により、患者あるいは疑似症患者・保菌者を診断した医師から保健所への届け出が義務づけられている感染症エボラ出血熱結核コレラA型肝炎風疹など、同法による1類~4類感染症と5類感染症の一部が対象。集計結果は都道府県・政令指定都市や国立感染症研究所から公表される。全数把握対象疾患。→定点把握疾患

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android