コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定点把握疾患 テイテンハアクシッカン

1件 の用語解説(定点把握疾患の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ていてんはあく‐しっかん〔‐シツクワン〕【定点把握疾患】

感染症予防法により、都道府県の指定を受けた医療機関で患者や保菌者を診断した場合に、保健所への届け出が義務づけられている感染症インフルエンザ手足口病マイコプラズマ肺炎など、同法による5類感染症の一部と2類~5類感染症の疑似症が対象。集計結果は都道府県・政令指定都市国立感染症研究所から公表される。定点把握対象疾患。→全数把握疾患

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone