コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保菌者 ほきんしゃ carrier

翻訳|carrier

7件 の用語解説(保菌者の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保菌者
ほきんしゃ
carrier

病原体,体内寄生体を自分の体内にもち続けながら症状を示さず,他人への感染源になりうる者をいう。初めから発病しない者と,罹病後本人は回復してもなお病原菌をもち排泄を続ける者とあり,中間宿主とともに病気伝播者としての役割は大きく,防疫上重要な意義をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほきん‐しゃ【保菌者】

感染症の病原体を体内に保有しているが発病せず、感染源となり得る者。キャリア

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

保菌者【ほきんしゃ】

外見上健康者であって体内に伝染病の病原体を保有する者。感染源として重要。日本脳炎ポリオなどに多い不顕性感染によるものを健康保菌者,病気がなおっても病原体が残留するものを回復期保菌者という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

保菌者

 臨床上の症状がないにもかかわらず,体内に特定の病原菌をもつ者.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほきんしゃ【保菌者 carrier】

細菌やウイルスリケッチアなどの病原微生物を体内に保有しながら,それによる症状を示さないことがある。このような状態にある人を保菌者という。保菌者は通常,その病原微生物を体外に排出しているので感染源になる。患者と比べて排出する病原微生物の量は少ないので,感染させる力が弱いが,本人自身が感染源であるという自覚がなく,また症状がないので用心されることもなく,長期間にわたって感染源として自由に動き回るので,その意味では患者よりも危険である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほきんしゃ【保菌者】

体の中に病原体をもっているが発病はしていない人。他に感染させることがある。キャリア。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保菌者
ほきんしゃ

ある種の伝染病の病原体を体内に保有し、外見上また自覚的にもなんら症状を示さず、しかもその伝染病の感染源となる可能性をもっている人をいう。感染症予防・医療法感染症法)では「無症状病原体保有者」という用語を使い、患者に準じて扱うことになっているが、これは「保菌者」では文字どおりに解釈すると病原細菌だけが対象となるため、ウイルスやリケッチアなど病原細菌以外の保有者も含める必要からよばれたものである。しかし、一般には字義にこだわらず、「保菌者」を広義に使用して無症状病原体保有者と同義に扱っている場合が多い。
 病原体が侵入・増殖して発病した場合、治療あるいは自然治癒によって諸症状が消失するだけでなく、病原体がことごとく死滅して初めて病気が完全に治ったことになるわけであるが、ときには症状がすっかりなくなったのちも、体内の一部に病原体が残留して保菌者となることがある。この場合は病後保菌者または回復期保菌者といい、腸チフスにもっとも多くみられ、パラチフスや赤痢などにもある。また、感染しながら症状を示さない不顕性感染によって保菌者となることもかなり多く、この場合は健康保菌者とよばれ、連鎖球菌、肺炎菌、ジフテリア菌のほか、梅毒スピロヘータや日本脳炎ウイルスなどにみられる。なお、潜伏期間中に排菌が認められる場合は、潜伏期保菌者という。保菌者を期間によって一過性保菌者と長期保菌者に分けることもある。チフス菌の胆道系保菌者の場合、胆石内部に侵入して保菌状態となり、絶えず胆汁を汚染し、放置すると永続的に糞便(ふんべん)中に排菌し続けるが、この場合を胆道系長期保菌者といい、腸チフスの感染源としてきわめて重要である。
 保菌者が排出する菌量は、多くの場合患者よりはるかに少なく、他に感染させる力も弱いが、排菌していることを自他ともに認識していない場合が多いので、未流行地へ保菌者によって伝染病が侵入したり、保菌者を感染源として広がりやすい。したがって、保菌者の発見(おもに検便)とその処置は防疫上きわめて重要なことである。[柳下徳雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保菌者の関連キーワード不顕性感染リケッチア二次感染バイオテロ微生物学顕性感染多剤耐性菌病原性病原微生物日本脳炎ウイルス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

保菌者の関連情報