コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八代利征 やしろ としゆき

1件 の用語解説(八代利征の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八代利征 やしろ-としゆき

1832-1873 幕末の武士。
天保(てんぽう)3年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。家老吉田利尚の養子となり,中老,用人にすすむ。尊攘(そんじょう)運動のかどで謹慎を命じられたが,のちゆるされて執政となり藩政を主導。八代と改姓。竹槍一揆(いっき)の責任を負って明治6年6月21日自刃(じじん)した。42歳。本姓は伊藤。通称は孫之丞,主馬。号は含翠。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

八代利征の関連キーワード青山悳次岡崎熊吉(1)合原義訓島津久静島村洲平白石内蔵進立原朴次郎林五郎三郎山川前耀和田為泰