コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水手/水主 スイシュ

デジタル大辞泉の解説

すい‐しゅ【水手/水主】

ふなのり。ふなこ。かこ。船頭
「―梶取(かんどり)申しけるは、此の風は追風(おひて)にて候へども」〈平家・一一〉

みず‐で〔みづ‐〕【水手】

文字のを長く引いて、水の流れるように書く書き方

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

水手【かこ】

水主・加子などとも記し,水手・水主は〈すいしゅ〉とも読む。本来は船乗りの総称であったが,のちに船頭梶取(かじとり)などの上級船員に対して,配下の下級船員の呼称となった。
→関連項目河岸椋橋荘

水手【すいしゅ】

水手(かこ)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かこ【水手】

一般には梶取船頭などの上級船員に対して,その配下の下級船員を指すことが多いが,古くは船員の総称として用いられることもあった。〈水主〉とも書く。律令制下で国家貢納物の輸送には,海人・漁民などを徭役あるいは雇用して水手とした。しかし梶取と異なって,特別の技術を要しない単純労働であるから,梶取に比すれば代償は少なかった。荘園年貢の輸送には臨海荘園の場合,一般領民が夫役として水手になることが多く,また備中国新見荘のような内陸荘園では,領民に水手役として米などを代納させ,それをもって港湾で水手を雇うのが例であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みずで【水手】

文字の尾を長くのばして水の流れるように書く書き方。「葦手あしで書き」の類。水手書き。 「すはまのこころばに、-にて/著聞 5

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

水手/水主の関連キーワード高松城(香川県高松市)暗きょ排水(暗渠排水)高松城跡〈香川県〉観音寺(滋賀県)大納屋おさつDr.コパ大伴糠手子船子・舟子物部贄子新宮城跡秘密結社手飲む沈惟岳遣唐使大給城高松城東路軍丁雄万盗魚手術