コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水手/水主 スイシュ

6件 の用語解説(水手/水主の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すい‐しゅ【水手/水主】

ふなのり。ふなこ。かこ。船頭。
「―梶取(かんどり)申しけるは、此の風は追風(おひて)にて候へども」〈平家・一一〉

みず‐で〔みづ‐〕【水手】

文字の尾を長く引いて、水の流れるように書く書き方

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

水手【かこ】

水主・加子などとも記し,水手・水主は〈すいしゅ〉とも読む。本来は船乗りの総称であったが,のちに船頭梶取(かじとり)などの上級船員に対して,配下の下級船員の呼称となった。
→関連項目河岸椋橋荘

水手【すいしゅ】

水手(かこ)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かこ【水手】

一般には梶取船頭などの上級船員に対して,その配下の下級船員を指すことが多いが,古くは船員の総称として用いられることもあった。〈水主〉とも書く。律令制下で国家貢納物の輸送には,海人・漁民などを徭役あるいは雇用して水手とした。しかし梶取と異なって,特別の技術を要しない単純労働であるから,梶取に比すれば代償は少なかった。荘園年貢の輸送には臨海荘園の場合,一般領民が夫役として水手になることが多く,また備中国新見荘のような内陸荘園では,領民に水手役として米などを代納させ,それをもって港湾で水手を雇うのが例であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みずで【水手】

文字の尾を長くのばして水の流れるように書く書き方。「葦手あしで書き」の類。水手書き。 「すはまのこころばに、-にて/著聞 5

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水手/水主の関連キーワード船員居船頭沖船頭直乗り船頭上級裁判所上級審船員手帳船頭高級船員上級官庁

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone