十路(読み)ソジ

デジタル大辞泉の解説

そ‐じ〔‐ぢ〕【十路】

[語素]《古くは「そち」》10年を単位として、年齢を数えるのに用いる。「三(み)十路
「七(なな)―、八(や)―は海にあるものなりけり」〈土佐
[補説]各年齢の名称
20歳:二十路(ふたそじ)
30歳:三十路(みそじ)
40歳:四十路(よそじ)
50歳:五十路(いそじ)
60歳:六十路(むそじ)
70歳:七十路(ななそじ)
80歳:八十路(やそじ)
90歳:九十路(ここのそじ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そじ【十路】

み(三)・よ(四)・い(五)・む(六)・なな(七)・や(八)などに付いて、年齢を一〇歳単位に数える語。…十歳代。 「み-の坂を越える」 「よ-を迎える」 〔中古までは、物の数を数えるのにも用いられた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そ‐じ ‥ぢ【十路】

〘語素〙 (古くは「そち」か) 数を数えるのに、一〇を単位としていう語。のちには年齢にのみ限定されるようになった。「みそじ」「よそじ」「いそじ」「むそじ」「ななそじ」「やそじ」「ここのそじ」。
※仏足石歌(753頃)「彌蘇知(ミソチ)あまり 二つのかたち 八十種(やそくさ)と 具足(そだ)れる人の 踏みし足跡(あと)どころ 稀にもあるかも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十路の関連情報