八千矛神(読み)ヤチホコノカミ

世界大百科事典 第2版の解説

やちほこのかみ【八千矛神】

多くの矛の神の意で,大国主神異名のうちの一つ。武神としての名とみられる。この名は《古事記》にみえ,4首からなる物語的問答歌(〈神語(かむがたり)〉という)の主人公として登場する。武人的英雄神ヤチホコノカミは高志(こし)(越)国の沼河比売(ぬなかわひめ)に求婚する。第1首は女の家にやって来た男の求愛の歌で,戸外に立たされたまま夜が明けてしまう。第2首では女が,男の要求を拒みつつも男をなだめ,明晩を約束する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やちほこのかみ【八千矛神】

大国主神おおくにぬしのかみの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やちほこ‐の‐かみ【八千矛神】

大国主命(おおくにぬしのみこと)の別名の一つ。「古事記」で、高志(越)国の沼名河比売を妻問う時の話に用いられている名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の八千矛神の言及

【大国主神】より

…名義は大いなる国主の意で,天津神(あまつかみ)(高天原の神々)の主神たる天照大神(あまてらすおおかみ)に対して国津神(くにつかみ)(土着の神々)の頭領たる位置をあらわす。大国主にはなお大己貴命(おおなむちのみこと),葦原醜男(あしはらのしこお),八千矛神(やちほこのかみ),顕国玉神(うつしくにたまのかみ)などの別名がある。これはこの神が多くの神格の集成・統合として成った事情にもとづいており,そこからオオクニヌシ神話はかなり多様な要素を含むものとなっている。…

【須勢理毘売命】より

…オオクニヌシが根の国に赴いたさいスセリビメと結ばれるが,以後,彼女は妻としてスサノオの課したさまざまな難題の解決に夫を助ける。また八千矛(やちほこ)神(=大国主神)が高志(こし)の沼河比売(ぬなかわひめ)に求婚する歌物語では,激しい嫉妬を示している。その名のスセリはススム(進む)と関連する語で,みずから進んでオオクニヌシと結婚し,父神に背いて夫に協力する等の性情とつつみあうものであろう。…

※「八千矛神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android