コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八千草薫 やちぐさ かおる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八千草薫 やちぐさ-かおる

1931- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和6年1月6日生まれ。映画監督・谷口千吉の妻。昭和22年宝塚歌劇団入団,娘役で活躍。26年「目下恋愛中」で映画本格デビュー,以来「宮本武蔵」,日伊合作映画「蝶々夫人」,「乱菊物語」などのヒロイン役で人気をあつめる。舞台,テレビでも活躍。平成21年「ガマの油」「ディア・ドクター」などの演技で報知映画賞助演女優賞,22年「ディア・ドクター」で毎日映画コンクール女優助演賞。27年名誉都民。大阪府出身。プール女学院中退。本名は谷口瞳。旧姓は松田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

八千草 薫


芸名
八千草 薫

性別
女性

血液型
O

出身地
大阪府

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
大阪府出身。宝塚歌劇団に入団し、1957年の退団まで娘役として活躍。その後も、数多くの映画・テレビドラマ・舞台に出演し、TBS『岸辺アルバム』ではテレビ大賞主演女優賞。2004年には、映画『阿修羅のごとく』にて日本アカデミー賞優秀助演女優賞。その他にも多数の受賞歴を持つ。名女優として今なお輝き続ける。主な出演作品に、映画『しあわせのかおり』『ディア・ドクター』『蝶々夫人』、フジテレビ『ありふれた奇跡』『拝啓父上様』ほか多数。

代表作品
TBS『岸辺のアルバム』 / TBS『茜さんのお弁当』 / 日本テレビ『お玉・幸造夫婦です

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

八千草薫の関連キーワードしゃべれども しゃべれどもびいどろで候 長崎屋夢日記男はつらいよ 寅次郎夢枕ホフマン氏の歩みと戯曲ブルークリスマス魚心あれば嫁心わが恋わが歌やんちゃくれ白夫人の妖恋ハチ公物語女の言い分田園に死すお父さん銭形平次轟夕起子1月6日プーサン白夜行雪国

八千草薫の関連情報