コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八木重治 やぎ じゅうじ

1件 の用語解説(八木重治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八木重治 やぎ-じゅうじ

1862-1911 明治時代の自由民権運動家,実業家。
文久2年9月17日生まれ。名古屋鎮台に看護兵として入隊,営内で自由民権思想をひろめる。明治17年飯田事件に連座して検挙。出獄後「新愛知新聞」の主筆となる。26年愛知電灯を設立,のち合併してできた東邦電力の支配人。明治44年5月22日死去。50歳。三河(愛知県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の八木重治の言及

【飯田事件】より

…1884年(明治17)12月に起こった自由民権運動の激化事件の一つ。愛知県田原の自由党員村松愛蔵,川澄徳次,八木重治らは同年4月ころから立憲政体の樹立を意図し,人心覚醒のため秘密出版を計画し,飯田の愛国正理社桜井平吉らと連絡をとり,8月には自由党本部の協力をもとめ植木枝盛に草案の起草を依頼した。八木は徴兵され名古屋鎮台の一兵卒であったが,営内で若干の同志を組織し,脱営して合流した。…

※「八木重治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八木重治の関連キーワード自由民権論飯塚納上野富左右太田松次郎岡喬久野初太郎平良新助野手一郎三浦文次湊省太郎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone