八段(読み)ハチダン

デジタル大辞泉の解説

はちだん【八段】

箏曲(そうきょく)。八橋検校作曲。8段からなる段物で、各段は104拍(初段のみ108拍)、テンポはしだいに速くなり、曲尾では遅くなる。八段の調(しらべ)。→段物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はちだん【八段】

箏曲の曲名。《八段の調》《八段之調子》《八段すががき》とも。八橋検校作曲の箏組歌裏組物(つけもの)。段物。平調子。倉橋検校(?‐1724)作曲説もある。初段のみ55拍のほかは,各段52拍から成り,4,5,6段はその段と同じ弦名の音から始まる。三弦曲も作られ,本手は京都の津山検校富一が作曲。替手は地域によって異なる。【久保田 敏子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はちだん【八段】

箏曲。慶安~明暦(一六四八‐五八)頃、八橋検校(けんぎょう)が作曲。八個の段から成る純器楽曲で、裏組に属する。八段の調べ。八橋の孫弟子倉橋検校の作曲ともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android