八段(読み)ハチダン

精選版 日本国語大辞典「八段」の解説

はちだん【八段】

箏曲。慶安~明暦一六四八‐五八)頃、八橋検校(けんぎょう)が作曲。八個の段から成る純器楽曲で、裏組に属する。八段の調べ。八橋の孫弟子倉橋検校の作曲ともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「八段」の解説

はちだん【八段】

箏曲の曲名。《八段の調》《八段之調子》《八段すががき》とも。八橋検校作曲の箏組歌裏組物(つけもの)。段物。平調子。倉橋検校(?‐1724)作曲説もある。初段のみ55拍のほかは,各段52拍から成り,4,5,6段はその段と同じ弦名の音から始まる。三弦曲も作られ,本手は京都の津山検校富一が作曲。替手は地域によって異なる。【久保田 敏子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android