コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平調子(読み)ひらぢょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平調子
ひらぢょうし

日本音楽の用語。調弦名称。八橋検校組歌段物に用いたおもな調弦で,のちの箏曲で最も多く用いられている。第5弦から陰音階下行形 (相対音高ミファラシドミ) に調弦。第1弦は第5弦と同音または1オクターブ下に合せ,第2弦からは,第7弦の1オクターブ下に順次合せた調弦で,相対音高 となる。三弦を合奏させる場合は,その一の糸を箏の第1弦に合せれば二上り,第3弦に合せれば本調子となる。雲井系の箏を合奏させる場合は,その第2弦を平調子の第1弦に合せる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひらぢょうし【平調子】

箏の調弦法の名称。八橋検校作曲の箏組歌および段物のうち,雲井調子を用いる《雲井の曲》《雲井弄斎(ろうさい)》を除く他のすべての曲に用いるべく創案した基本的な調弦。第5弦から第10弦にかけて,ミ,ファ,ラ,シ,ド,ミの,いわゆる陰音階に調弦され,第2弦~4弦は,第7弦~9弦のオクターブ下,斗・為・巾の3弦は,第6弦~8弦のオクターブ上,第1弦は普通は第5弦とユニゾン(曲および演奏者の程度によってオクターブ下)に合わせられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひらぢょうし【平調子】

そうの調弦法の一。最も普通で基本的なもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の平調子の言及

【箏】より

…近世箏曲の調弦法は,八橋検校(やつはしけんぎよう)が筑紫箏の調弦を陰音階によるものに改めたといわれている。初めはいわゆる平調子と雲井調子(実際は今日いう本雲井調子)の2種が用いられたが,のちにいろいろな調弦法がくふうされ,現在は多数の調弦法が用いられている。この現象は近代になって調弦法を基本的調弦に整理統合した中国や朝鮮の琴・箏類の場合と逆である。…

※「平調子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平調子の関連情報