コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏組 ウラグミ

デジタル大辞泉の解説

うら‐ぐみ【裏組】

近世の邦楽で、教習の便宜上、楽曲を分類したものの一。三味線組歌・箏(こと)組歌などにある。三味線組歌では破手(はで)組の次に、箏組歌では表組の次に教授する。⇔表組

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うらぐみ【裏組】

邦楽の分類用語。とくに箏・三味線の組歌の分類に用いる。組歌は箏・三味線ともに伝承教習上の規範曲として重要視され,楽曲の構造,風格,難易度などにより分類されるようになった。組の分け方は表,裏,中,奥などに分けるが,流派,歌本,譜本によって異同がある。箏組歌では付物である段物や弄斎(ろうさい)物も組の分類に加える。箏組歌の裏組(《薄衣(うすごろも)》《桐壺》など)は,旋律構造が類型的な表組に対して変化のある曲が分類されており,譜本による異同がはなはだしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うらぐみ【裏組】

近世邦楽で、自流の曲目を教習上二段階に分類した場合の、第二段階の曲目。特に、三味線組歌・箏組歌についていう。 ↔ 表組

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

裏組の関連キーワード青森市発注工事の受注調整問題三味線本手真田 しん綸子・綾子柳川検校二重織六玉川緞子古曲青柳八段風通地歌綸子

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裏組の関連情報