コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏組 ウラグミ

3件 の用語解説(裏組の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うら‐ぐみ【裏組】

近世の邦楽で、教習の便宜上、楽曲を分類したものの一。三味線組歌・箏(こと)組歌などにある。三味線組歌では破手(はで)組の次に、箏組歌では表組の次に教授する。⇔表組

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うらぐみ【裏組】

邦楽の分類用語。とくに箏・三味線の組歌の分類に用いる。組歌は箏・三味線ともに伝承教習上の規範曲として重要視され,楽曲の構造,風格,難易度などにより分類されるようになった。組の分け方は表,裏,中,奥などに分けるが,流派,歌本,譜本によって異同がある。箏組歌では付物である段物や弄斎(ろうさい)物も組の分類に加える。箏組歌の裏組(《薄衣(うすごろも)》《桐壺》など)は,旋律構造が類型的な表組に対して変化のある曲が分類されており,譜本による異同がはなはだしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うらぐみ【裏組】

近世邦楽で、自流の曲目を教習上二段階に分類した場合の、第二段階の曲目。特に、三味線組歌・箏組歌についていう。 ↔ 表組

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裏組の関連キーワード組歌虎沢検校端唄本手表組三味線糸三味線駒新曲立三味線ぺんぺん

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

裏組の関連情報