コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏組 ウラグミ

世界大百科事典 第2版の解説

うらぐみ【裏組】

邦楽の分類用語。とくに箏・三味線の組歌の分類に用いる。組歌は箏・三味線ともに伝承教習上の規範曲として重要視され,楽曲の構造,風格,難易度などにより分類されるようになった。組の分け方は表,裏,中,奥などに分けるが,流派,歌本,譜本によって異同がある。箏組歌では付物である段物や弄斎(ろうさい)物も組の分類に加える。箏組歌の裏組(《薄衣(うすごろも)》《桐壺》など)は,旋律構造が類型的な表組に対して変化のある曲が分類されており,譜本による異同がはなはだしい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うらぐみ【裏組】

近世邦楽で、自流の曲目を教習上二段階に分類した場合の、第二段階の曲目。特に、三味線組歌・箏組歌についていう。 ⇔ 表組

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android