コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八田華陽 はった かよう

1件 の用語解説(八田華陽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八田華陽 はった-かよう

1762-1817 江戸時代後期の儒者。
宝暦12年生まれ。折衷学の井上金峨(きんが)にまなび,江戸でおしえた。文化14年8月29日死去。56歳。三河(愛知県)出身。名は繇。字(あざな)は靖民。通称は大二郎。著作に「詩経古義解」「大学説」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

八田華陽の関連キーワードビュート伯後桜町天皇桃園天皇後桜町天皇シラン桃園天皇市村羽左衛門女帝中島三甫右衛門田川鳳朗

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone