コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八達嶺長城 はったつれいちょうじょう

2件 の用語解説(八達嶺長城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

はったつれいちょうじょう【八達嶺長城】

中国の首都北京市街北西部の北京市延慶県にある長城。紀元前7世紀の春秋時代に、北方民族の侵入を防ぐため諸侯が自領の北辺に築城した。世界遺産万里の長城で訪れることのできる、最も有名、かつ一般的な観光地である。現在の遺構は、明時代に建設されたものである。観光用のロープウェイが両側の山の上まで設置されており、これを利用して山上口から入場する観光客も多い。勾配の急な北側に観光客が集中する傾向にあり、最高地点の「北八楼」は海抜1015mの地点にある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

八達嶺長城【はったつれいちょうじょう】

中国,北京市地区北西の延慶県にある万里の長城の要衝。明の弘治18年(1505年)に築造し,嘉靖・万暦両年間に改修。北京からの長城見学コースとして知られ,米国のニクソン大統領,日本の田中角栄首相ら各国要人が見学したのもここ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

八達嶺長城の関連キーワード河北通県北京国際マラソン盛京トルサット房山陳希同事件北京市の区・県人民代表選挙古北口北京天津高速鉄道

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone