八達嶺長城(読み)はったつれいちょうじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

中国の首都北京市街北西部の北京市延慶県にある長城。紀元前7世紀の春秋時代に、北方民族の侵入を防ぐため諸侯が自領の北辺に築城した。世界遺産の万里の長城で訪れることのできる、最も有名、かつ一般的な観光地である。現在の遺構は、明時代に建設されたものである。観光用のロープウェイ両側の山の上まで設置されており、これを利用して山上口から入場する観光客も多い。勾配の急な北側に観光客が集中する傾向にあり、最高地点の「北八楼」は海抜1015mの地点にある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

中国,北京市地区北西の延慶県にある万里の長城要衝。明の弘治18年(1505年)に築造し,嘉靖・万暦両年間に改修。北京からの長城見学コースとして知られ,米国のニクソン大統領,日本の田中角栄首相ら各国要人が見学したのもここ。ここの長城は高さ6〜7m,幅4〜5m。5頭の馬が並んで走ることのできる幅となっている。→慕田峪(ぼでんよく)長城

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android