コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八達嶺長城 はったつれいちょうじょう

2件 の用語解説(八達嶺長城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

はったつれいちょうじょう【八達嶺長城】

中国の首都北京市街北西部の北京市延慶県にある長城。紀元前7世紀の春秋時代に、北方民族の侵入を防ぐため諸侯が自領の北辺に築城した。世界遺産万里の長城で訪れることのできる、最も有名、かつ一般的な観光地である。現在の遺構は、明時代に建設されたものである。観光用のロープウェイが両側の山の上まで設置されており、これを利用して山上口から入場する観光客も多い。勾配の急な北側に観光客が集中する傾向にあり、最高地点の「北八楼」は海抜1015mの地点にある。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

八達嶺長城【はったつれいちょうじょう】

中国,北京市地区北西の延慶県にある万里の長城の要衝。明の弘治18年(1505年)に築造し,嘉靖・万暦両年間に改修。北京からの長城見学コースとして知られ,米国のニクソン大統領,日本の田中角栄首相ら各国要人が見学したのもここ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone