コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八達嶺長城 はったつれいちょうじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

はったつれいちょうじょう【八達嶺長城】

中国の首都北京市街北西部の北京市延慶県にある長城。紀元前7世紀の春秋時代に、北方民族の侵入を防ぐため諸侯が自領の北辺に築城した。世界遺産万里の長城で訪れることのできる、最も有名、かつ一般的な観光地である。現在の遺構は、明時代に建設されたものである。観光用のロープウェイ両側の山の上まで設置されており、これを利用して山上口から入場する観光客も多い。勾配の急な北側に観光客が集中する傾向にあり、最高地点の「北八楼」は海抜1015mの地点にある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

八達嶺長城【はったつれいちょうじょう】

中国,北京市地区北西の延慶県にある万里の長城要衝。明の弘治18年(1505年)に築造し,嘉靖・万暦両年間に改修。北京からの長城見学コースとして知られ,米国のニクソン大統領,日本の田中角栄首相ら各国要人が見学したのもここ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

八達嶺長城の関連キーワードパーターリンチャンチョン慕田峪長城

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android