コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公務員法 こうむいんほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公務員法
こうむいんほう

広義には,公務員の職,勤務関係,任用懲戒等を規定する法をさすが,通常は,行政に従事する公務員に関するものに狭く解される。現在では,国家公務員法 (昭和 22年法律 120号) ,地方公務員法 (昭和 25年法律 261号) を中心として,数多くの法律が制定されている。第2次世界大戦前の日本では,官吏制度はすべて天皇の任官大権により勅令で定められていたが,日本国憲法は原則として法律で定めることを要求している (憲法 73条4号) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

公務員法の関連キーワード国家公務員の政治活動公務員の政治的行為教育公務員特例法一般職・特別職官吏服務紀律全体の奉仕者地方公務員公平委員会国家公務員外務公務員人事委員会教育公務員あおり行為政治的行為守秘義務自由任用職務命令身分保障フーバー分限免職

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公務員法の関連情報