コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公務員法 こうむいんほう

1件 の用語解説(公務員法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公務員法
こうむいんほう

広義には,公務員の職,勤務関係,任用,懲戒等を規定する法をさすが,通常は,行政に従事する公務員に関するものに狭く解される。現在では,国家公務員法 (昭和 22年法律 120号) ,地方公務員法 (昭和 25年法律 261号) を中心として,数多くの法律が制定されている。第2次世界大戦前の日本では,官吏制度はすべて天皇の任官大権により勅令で定められていたが,日本国憲法は原則として法律で定めることを要求している (憲法 73条4号) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公務員法の関連情報