コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公文書館法 コウブンショカンホウ

デジタル大辞泉の解説

こうぶんしょかん‐ほう〔コウブンシヨクワンハフ〕【公文書館法】

国や地方公共団体は歴史資料として重要な公文書等の保存・利用に関して適切な措置を講ずる責務を有するとし、公文書館の設置目的・あり方についての基本理念を規定した法律。昭和62年(1987)制定。→国立公文書館法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

公文書館法の関連キーワード国立公文書館岩上 二郎総理府

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android