コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公文書館法 コウブンショカンホウ

デジタル大辞泉の解説

こうぶんしょかん‐ほう〔コウブンシヨクワンハフ〕【公文書館法】

国や地方公共団体は歴史資料として重要な公文書等の保存・利用に関して適切な措置を講ずる責務を有するとし、公文書館の設置目的・あり方についての基本理念を規定した法律。昭和62年(1987)制定。→国立公文書館法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

公文書館法の関連キーワード国立公文書館岩上 二郎総理府

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android