コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公海使用の自由 こうかいしようのじゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公海使用の自由
こうかいしようのじゆう

いかなる国の船舶も,原則として外国の権力の支配,干渉を受けることなく,公海を自由に使用することが認められていること。公海使用の自由は,元来「公海自由の原則」の結果として認められるのであって,このような密接な関係から両者を含めて公海の自由という場合が多い。 1958年ジュネーブで採択された「公海に関する条約」2条は,公海の自由として,特に (1) 航行の自由,(2) 漁業の自由,(3) 海底電線および海底パイプライン敷設の自由,(4) 公海上空の飛行の自由をあげている。国家は,この自由を行使するにあたって,国際法に規定されている条件に従いかつ他国の利益に合理的考慮を払うべきものとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android