公海に関する条約(読み)こうかいにかんするじょうやく(英語表記)Geneva Convention on the High Seas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「公海に関する条約」の解説

公海に関する条約
こうかいにかんするじょうやく
Geneva Convention on the High Seas

1958年4月 29日に第1次海洋法会議で署名され,62年9月 30日に効力を生じた条約。日本も加入。公海に関する制度を,当時成立していた慣習国際法を基礎に規定したもので,おもな内容は,公海の定義,公海の自由,船舶の国籍旗国主義,航行の安全,民事および刑事管轄権,海上警察権,海水汚濁防止および放射性廃棄物による海洋汚染の防止などである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android