コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公海に関する条約 こうかいにかんするじょうやくGeneva Convention on the High Seas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公海に関する条約
こうかいにかんするじょうやく
Geneva Convention on the High Seas

1958年4月 29日に第1次海洋法会議で署名され,62年9月 30日に効力を生じた条約。日本も加入。公海に関する制度を,当時成立していた慣習国際法を基礎に規定したもので,おもな内容は,公海の定義,公海の自由,船舶の国籍,旗国主義,航行の安全,民事および刑事管轄権,海上警察権,海水汚濁防止および放射性廃棄物による海洋汚染の防止などである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

公海に関する条約の関連キーワード海底電信線の保護に関する条約サンタ・マリア号事件公海使用の自由海洋法国際会議国連海洋法会議海難救助公海条約国際刑法海賊

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公海に関する条約の関連情報