六事(読み)りくじ

精選版 日本国語大辞典「六事」の解説

りく‐じ【六事】

① 政治が平穏でない・民が職を失う・宮室が立派である・婦人の言が用いられる・賄賂が行なわれる・讒言(ざんげん)を唱える、という六つのこと。〔春秋公羊伝注‐桓公五年〕
② 人として心がけるべき慈・倹・勤・・誠・の六つの事柄。
※古今著聞集(1254)五「陰明門院、中宮の御とき、六事の題を出して人びとに思ふ事をかかせられけり」

ろく‐じ【六事】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「六事」の解説

りく‐じ【六事】

人として心がけるべき、慈・倹・勤・慎・誠・明の六つのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android