コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰明門院 おんめいもんいん

3件 の用語解説(陰明門院の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陰明門院 おんめいもんいん

1185-1243 鎌倉時代,土御門(つちみかど)天皇の中宮(ちゅうぐう)。
文治(ぶんじ)元年生まれ。大炊御門頼実(おおいみかど-よりざね)の娘。母は藤原隆子。元久2年従三位,同年女御,ついで中宮となる。承元(じょうげん)4年院号をうける。承久(じょうきゅう)3年に出家した。寛元元年9月18日死去。59歳。名は麗子(れいし)。法名は清浄妙。

陰明門院 いんめいもんいん

おんめいもんいん

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

陰明門院

没年:寛元1.9.18(1243.11.1)
生年:文治1(1185)
鎌倉前期の女院。土御門天皇の皇后。名は麗子。太政大臣大炊御門頼実の娘。父が後鳥羽上皇の腹心の女房,卿二位と結婚したことにより入内が決定。元久2(1205)年4月入内して女御となり,7月中宮となった。このとき麗子は21歳,夫の土御門はわずか11歳であった。子どもに恵まれず,土御門と別居して,卿二位の二条町の広大な邸宅内の御所(冷泉町)に住んだ。承元4(1210)年3月院号宣下。承久の乱後も東山岡崎の家で,卿二位や父頼実と同居。のち猶子の明義門院(順徳天皇の娘)と四条坊城殿で同居したが,明義門院に先立たれ,遺領は仁助法親王(土御門の子)が継承した。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の陰明門院の言及

【大炊御門家】より

…その子経宗も二条天皇の外舅として権力の座につき,一時後白河上皇の怒りをこうむって阿波に配流されるが,のち召還され,ついで大臣に在ること26年,左大臣を極官とした。さらにその子頼実も,女の麗子が土御門天皇の皇后となり,のち陰明門院と号したが,みずからも太政大臣に補任され,以後代々大臣に補任されるのが例となった。鎌倉時代の日記《吉続記》に,当家は〈代々有職の家〉とあるが,和琴,笛,筆道を家業とした。…

※「陰明門院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陰明門院の関連キーワード道應法親王後土御門天皇勾当内侍承明門院土御門天皇坊門院寛正土御門内裏大炊御門頼実藤原範子源朝子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone