六出(読み)りくしゅつ

精選版 日本国語大辞典「六出」の解説

りく‐しゅつ【六出】

① 六方に突出すること。
随筆・北越譜(1836‐42)初「雪六出(リクシュツ)を為」
② (雪の結晶をに見立て、六弁があるところからいう) 雪の異称。六出花。六出の花。むつのはな。
※菅家文草(900頃)五・十月廿一日、禁中初雪「推歩四時違、初開六出報重闈

ろく‐しゅつ【六出】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「六出」の解説

りく‐しゅつ【六出】

《6弁の花のに似るところから》雪のこと。六花。六出花。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「六出」の解説

【六出】りくしゆつ

雪。

字通「六」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android