六出(読み)りくしゅつ

精選版 日本国語大辞典「六出」の解説

りく‐しゅつ【六出】

① 六方に突出すること。
随筆・北越譜(1836‐42)初「雪六出(リクシュツ)を為」
② (雪の結晶をに見立て、六弁があるところからいう) 雪の異称。六出花。六出の花。むつのはな。
※菅家文草(900頃)五・十月廿一日、禁中初雪「推歩四時違、初開六出報重闈

ろく‐しゅつ【六出】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android