コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

む【六】

ろく。むっつ。声を出して数をかぞえるときの語。「いつ、、なな、や」
ろく。むっつ。名詞の上に付けて用いる。「月」「尺(さか)」

むう【六】

む(六)」の音変化。「いつ、なな

りく【六】[漢字項目]

ろく

りゅう〔リウ〕【六】

唐音》数の6。むっつ。拳(けん)などでいう。

ろく【六】

数の名。5の次、7の前の数。むつ。むっつ。
6番目。第6。
[補説]金銭証書などで、間違いを防ぐため「陸」を用いることがある。

ろく【六】[漢字項目]

[音]ロク(呉) リク(漢) [訓]む むつ むっつ むい
学習漢字]1年
〈ロク〉
数の名。むっつ。「六回・六尺六腑(ろっぷ)六法丈六蔵六四六時中
六番目。「六月第六感
〈リク〉むっつ。「六義六芸六書六朝六韜(りくとう)
〈む〉「六指(むさし)
〈むい〉「六日(むいか)
[難読]十六夜(いざよい)双六(すごろく)六十(むそ)六十(むそじ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

む【六】

ろく。名詞の上に付けて、複合語を作る。 「 -月」
ろく。むっつ。数を数えるときに使う。 「いつ、-、なな、や」

むう【六】

「む(六)」の長音化した語。数を数えるときだけに用いる。 「いつ、-、なな」

りく【六】

〔漢音〕
ろく(六) 」に同じ。

りゅう【六】

〔唐音〕
数の六。拳をうつ時などに使った。 「ごう(五)、-、すむい(四)/浄瑠璃・冥途の飛脚

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

六の関連キーワードリウパンシャンマイ夏(五胡十六国)六部(三省六部)鴻池新右衛門六箇国協議漢(成漢)ヘキサゴン四六駢儷体漢(前趙)古今六帖山中新六五行六信シックス六一銀行六次産業九六大関六者会合門下省複合語表六玉

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六の関連情報