コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六十分法 ろくじゅうぶんほうsexagenary system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六十分法
ろくじゅうぶんほう
sexagenary system

平面角の大きさを表わす方法。円周を 360等分した弧に対する中心角を1 (記号°) とし,1度の 1/60 を1分,1分の 1/60 を1秒とする。弧度法ラジアンとの関係は

1°=(π/180)rad=0.017453…rad

である。この角度分割法はきわめて古く,バビロニアエジプトの古代天文学において1年 (約 360日) に1回転する恒星天が1日に動く角度として決めたのがその起源である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ろくじゅうぶんほう【六十分法】

時間・角度などの単位の定め方。一時間もしくは一度の60分の1を一分、一分の60分の1を一秒とするもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

六十分法の関連キーワード角(図形)平面角RAD一度単位