六即(読み)ろくそく

精選版 日本国語大辞典「六即」の解説

ろく‐そく【六即】

〘名〙 仏語。天台宗でいう、究極のさとりに至る六つの段階。理即名字即・観行即・相似即・分真即・究竟即の六つで、本来、真と一体であるとする理即から始まって、修行を経て漸次迷いが払われ、真理の一分がさとりとして身にえられる分真即を経て、最後のさとりに到達すると説くもの。〔大日本国法華経験記(1040‐44)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「六即」の解説

ろく‐そく【六即】

天台宗で、究極の悟りに至る六段階。理即・名字即・観行即・相似即・分真即・究竟即。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる