コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六句義 ろっくぎṣat‐padārtha

世界大百科事典 第2版の解説

ろっくぎ【六句義 ṣat‐padārtha】

インドのバイシェーシカ学派が主張する六つ原理。〈句義〉は,〈語の対象〉を原義とするが,文法学派パタンジャリが,これを名詞,形容詞,動詞などという品詞に対応させたことをきっかけとして,この学派では,〈原理〉〈カテゴリー〉として考えられるようになった。実体性質,運動,普遍,特殊,内属の六つを数える。たとえば,〈白い牛が歩く〉という事がらにおいて,牛が実体,白さが性質,歩行が運動,牛に存する牛性が,いっさいの牛に対しては普遍,それ以外のものに対しては特殊,さらに,白さや歩行や牛性が牛に対して有している関係が内属である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六句義
ろくくぎ

パダールタ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の六句義の言及

【バイシェーシカ学派】より

… この派は,〈語の意味するところ〉を原義とする句義についての説を展開した。通常は,〈実体〉〈性質〉〈運動〉〈普遍〉〈特殊〉〈内属関係〉の六句義(ろつくぎ)が立てられる。これら六つの原理で現象界の諸事物の構成を解明しようというわけである。…

※「六句義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

六句義の関連キーワードインド哲学/用語勝宗十句義論

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android