コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六句義 ろっくぎ ṣat‐padārtha

2件 の用語解説(六句義の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろっくぎ【六句義 ṣat‐padārtha】

インドのバイシェーシカ学派が主張する六つの原理。〈句義〉は,〈語の対象〉を原義とするが,文法学派パタンジャリが,これを名詞,形容詞,動詞などという品詞に対応させたことをきっかけとして,この学派では,〈原理〉〈カテゴリー〉として考えられるようになった。実体,性質,運動,普遍,特殊,内属の六つを数える。たとえば,〈白い牛が歩く〉という事がらにおいて,牛が実体,白さが性質,歩行が運動,牛に存する牛性が,いっさいの牛に対しては普遍,それ以外のものに対しては特殊,さらに,白さや歩行や牛性が牛に対して有している関係が内属である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六句義
ろくくぎ

パダールタ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の六句義の言及

【バイシェーシカ学派】より

… この派は,〈語の意味するところ〉を原義とする句義についての説を展開した。通常は,〈実体〉〈性質〉〈運動〉〈普遍〉〈特殊〉〈内属関係〉の六句義(ろつくぎ)が立てられる。これら六つの原理で現象界の諸事物の構成を解明しようというわけである。…

※「六句義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

六句義の関連キーワードガウタマカナーダ積聚説バイシェーシカ学派プラシャスタパーダアイシェード勝論勝宗十句義論勝論学派《バイシェーシカ・スートラ》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone