コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内属 ナイゾク

デジタル大辞泉の解説

ない‐ぞく【内属】

[名](スル)
外国が属国として服従すること。また、外国人が帰服して来住すること。
「百済―するに至りて漢字漸く我国に伝わり」〈田口日本開化小史
inherence》哲学で、物のさまざまな性質がその属する実体に対してもつ関係。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ないぞく【内属】

( 名 ) スル
他国に服従して属国になること。 「三韓入朝し百済-するに至りて/日本開化小史 卯吉
〘哲〙 〔inherence〕 物の諸性質と、その諸性質を有する実体としての物との関係をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

内属の関連キーワードノモス(「法律」を意味する古代ギリシア語)ロック哲学の基本概念バイシェーシカ学派アリストテレス勝宗十句義論プラバーカラジルベール公孫氏政権世界内存在パダールタヘーゲル朱邪赤心羈縻政策間身体性六句義李継捧範疇哀牢本質鮮卑

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android