コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六尺棒 ロクシャクボウ

デジタル大辞泉の解説

ろくしゃく‐ぼう【六尺棒】

樫(かし)などで作った長さ6尺の棒。防犯・警備・護身用などに用いた。
天秤棒(てんびんぼう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

六尺棒

古典落語の演目のひとつ。七代目春風亭柳橋が得意とした。オチは考えオチ。主な登場人物は、親子。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ろくしゃくぼう【六尺棒】

かしなど、質のかたい木で作った、長さ六尺ぐらいの棒。賊を防いだり、取り押えたりするのに使う。
天秤てんびん棒。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の六尺棒の言及

【棒術】より

…〈鉄撮(かなさい)棒〉といって,筋金入りで鉄のいぼを打ちつけた8尺(約2.42m)のものまであったようである。棒はこのように自然発生的に武器として用いられているうちに,武術として発達し,長さも6尺(約1.82m)を規格として六尺棒といわれた。そのほか規格にとらわれない〈鼻ねじ〉という短棒や,槍の穂先を打ち折られたとき直ちにその柄で戦ったことから〈槍折〉という名称もあった。…

※「六尺棒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

六尺棒の関連キーワード金原亭馬の助佐藤尚宏古典落語沖縄芸能住吉晃典棒突き護身用祭頭祭平田実引廻し三道具警備棒踊蛇踊六尺組棒棒術防犯

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六尺棒の関連情報