コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六御県 むつのみあがた

1件 の用語解説(六御県の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むつのみあがた【六御県】

大化前代に,奈良盆地に置かれていた宮廷直轄領。倭六県(やまとのむつのあがた)ともいう。添(そふ),山辺(やまのべ),磯城(しき),十市(とおち),高市(たけち),葛城(かつらぎ)の六つの(あがた)は,特に,六御県と称された。それぞれの御県神社が,式内社として存在している。県の範囲は未詳であるが,高市御県については,橿原市四条町に高市御県神社,橿原市雲梯町に高市御県坐鴨事代主神社が所在することから,その範囲は郡より狭く,郷程度だったかと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

六御県の関連キーワード奈良盆地錦織部屯倉矢作部靫負大化前代伴の緒山部駅屋総領所

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone