コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六放海綿 ロッポウカイメン

3件 の用語解説(六放海綿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろっぽう‐かいめん〔ロクパウ‐〕【六放海綿】

六放海綿綱の海綿動物の総称。体は管状などで、骨片は珪酸質からなり、三軸性の六放射状が基本。深海に産し、ホッスガイカイロウドウケツなどがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ろっぽうかいめん【六放海綿】

海綿動物の一綱。体は放射相称的で、管状・漏斗状をなす。骨片はケイ酸を主成分とする。深海に多い。ホッスガイ・カイロウドウケツなど。ケイ質海綿。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六放海綿
ろっぽうかいめん

海綿動物門のうち、一綱Hexactinellidaを構成する動物の総称。この類は、骨片が三軸性の基本型をもつのが特徴。深海産で比較的大形の種類を含み、ケイ酸質よりなる骨片が大きく、骨格がしっかりしているものが多いので化石として残りやすい。微小骨片を有するので、その形状によって次の二つの群に分けられる。(1)両盤体をもつものでバテイカイメンやホッスガイを含む。(2)六放星体をもつものでキヌアミカイメン、カイロウドウケツ、ツリガネカイメンなどを含む。分類上、石灰海綿と対比する意味で、かつて無石灰海綿のなかに尋常海綿とともに編入されたことがある。
 この類は、深海産のため人の目につくことは少ないが、カイロウドウケツなどは骨片の束が細かい籠(かご)の目のようになっており、外国でも「ビーナスの花籠」とよび古来飾り物として珍重されてきた。日本の六放海綿は相模(さがみ)湾産のものがよく研究されている。[星野孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の六放海綿の言及

【カイメン(海綿)】より

…カイメンの寿命についてはよくわかっていないが,淡水カイメンは1年以内と考えられている。しかし,六放海綿類で直径が1mにもなるウマカイメンの1種は50年以上もたっているといわれる。
[分類]
 海綿動物は骨格の特徴から次の3綱に分けられる。…

※「六放海綿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

六放海綿の関連キーワード海綿動物後生動物磯海綿海綿石灰海綿淡水海綿払子貝沐浴海綿角質海綿普通海綿

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone