六段目(読み)ろくだんめ

精選版 日本国語大辞典「六段目」の解説

ろくだん‐め【六段目】

〘名〙
① (古浄瑠璃は、六段形式で構成されていたところから) おしまいであること。これっきり。終末
※俳諧・江戸八百韻(1678)赤何「対決の場(には)かたへ涼しき〈来雪〉 六段目日も西山に傾きて〈青雲〉」
浄瑠璃の六段目。特に、「仮名手本忠臣蔵」の六段目、勘平切腹の段の異称
※雑俳・柳多留‐五〇(1811)「女房を売るは忠義の六段目」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android