六段(読み)ロクダン

デジタル大辞泉の解説

ろくだん【六段】

箏曲(そうきょく)。八橋検校(やつはしけんぎょう)作曲。52小節からなる段を六段集めた純器楽曲。のちに替手(かえで)のほか、三味線や尺八の曲にも編曲され、それらと合奏することもある。六段の調(しらべ)。→段物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

六段【ろくだん】

箏曲の曲名。伝八橋検校作曲。《六段調(ろくだんのしらべ)》とも。段物の代表曲であるばかりでなく,箏曲中最も広く知られている曲で,六つの段からなり,初段を除いて各段の拍数が一定している。他の箏曲,長唄,端歌などにこの曲の一部が利用されている例が多い。
→関連項目菅掻

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろくだん【六段】

箏曲・地歌の曲名。《六段のしらべ》《六段すががき》などともいう。《糸竹初心集》《糸竹大全》などに収載される《すががき》を原曲として,6段構成の陰音階(平調子・本調子)の器楽曲に発展させたもので,箏曲としては八橋検校の作曲と伝えられるが異説もある。各段52拍子(104拍)であるが,初段のみ2拍子多い。信州松代に伝えられる八橋流では9段構成(7段以降は4段以降の反復)。段物ないし調べ物の代表曲で,組歌の表組に付随する付物として教習・伝習された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろくだん【六段】

箏曲そうきよくの一。「六段の調しらべ」の略称。八橋検校作曲の段物。箏組歌ことくみうた表組おもてぐみの付物つけものとされる。箏曲の代表曲。 → 段物だんもの

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六段
ろくだん

箏曲(そうきょく)の曲名。『六段の調(しらべ)』の略称。八橋検校(やつはしけんぎょう)(1614―85)作曲。六つの段落でできた器楽曲の意で、『八段の調』『九段の調』などとともに、「段物」「調物」とよばれる。声楽曲の多い箏曲のなかで、純粋な器楽曲としてつくられたが、後世、前唄(まえうた)と後唄(あとうた)がつくられ、それらをつけて演奏する場合も多い。音楽構成としては、各段とも52拍あり、旋律のまとまりは五拍、四拍、三拍などあり、複雑な拍子構成になっている。各段ともゆっくり始まり、しだいに速くなり、ふたたびゆっくり終わる日本的なテンポ進行になっている。同じ八橋検校の『乱(みだれ)』とともに、箏曲のなかでももっともポピュラーな作品。[茂手木潔子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六段の関連情報