コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六窓庵 ろくそうあん

2件 の用語解説(六窓庵の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

六窓庵【ろくそうあん】

東京国立博物館内にある三畳台目の茶室。もと興福寺慈眼院にあったのを明治初期に移建したもので,慶安年間に金森宗和の好みで造られたと伝える。名は六つの窓があることにちなむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六窓庵
ろくそうあん

東京国立博物館庭園にある茶室。もと奈良・興福寺慈眼院内にあり、慶安(けいあん)(1648~52)年中に金森宗和の好みで成ったと伝えられる。明治初年、画家高階在晴(たかしなありはる)が入手し、在晴の没後1875年(明治8)東京帝室博物館が購入した。海路運搬中、伊豆沖で難船、某所に流れ着いた解体材を回収して再建されたという。三畳台目(だいめ)で、客座の中央に点前座(てまえざ)を配し、窓は六窓を数える。茶道口と給仕口を矩(かね)折りに配置するのは織部や遠州の好んだ間取りである。墨蹟(ぼくせき)窓がない点など、構成意匠に宗和らしい好みをみつけだすのはむずかしいが、古格はなお失われていない。[中村昌生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の六窓庵の言及

【金森宗和】より

…また陶工野々村仁清を指導して御室焼を始めさせたことで有名。大徳寺真珠庵内の庭玉軒(ていぎよくけん),鹿苑寺金閣の夕佳亭(せつかてい),興福寺慈眼院の六窓庵(現,東京国立博物館内)などが遺構として知られている。【筒井 紘一】。…

※「六窓庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone