コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六窓庵 ろくそうあん

2件 の用語解説(六窓庵の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

六窓庵【ろくそうあん】

東京国立博物館内にある三畳台目の茶室。もと興福寺慈眼院にあったのを明治初期に移建したもので,慶安年間に金森宗和の好みで造られたと伝える。名は六つの窓があることにちなむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六窓庵
ろくそうあん

東京国立博物館庭園にある茶室。もと奈良・興福寺慈眼院内にあり、慶安(けいあん)(1648~52)年中に金森宗和の好みで成ったと伝えられる。明治初年、画家高階在晴(たかしなありはる)が入手し、在晴の没後1875年(明治8)東京帝室博物館が購入した。海路運搬中、伊豆沖で難船、某所に流れ着いた解体材を回収して再建されたという。三畳台目(だいめ)で、客座の中央に点前座(てまえざ)を配し、窓は六窓を数える。茶道口と給仕口を矩(かね)折りに配置するのは織部や遠州の好んだ間取りである。墨蹟(ぼくせき)窓がない点など、構成意匠に宗和らしい好みをみつけだすのはむずかしいが、古格はなお失われていない。[中村昌生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の六窓庵の言及

【金森宗和】より

…また陶工野々村仁清を指導して御室焼を始めさせたことで有名。大徳寺真珠庵内の庭玉軒(ていぎよくけん),鹿苑寺金閣の夕佳亭(せつかてい),興福寺慈眼院の六窓庵(現,東京国立博物館内)などが遺構として知られている。【筒井 紘一】。…

※「六窓庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

六窓庵の関連キーワード京都国立博物館地獄草紙東京国立博物館奈良国立博物館国立博物館九州国立博物館国立文化財機構表慶館蔵田蔵浜田隆

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone