コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六角満高 ろっかく みつたか

2件 の用語解説(六角満高の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六角満高 ろっかく-みつたか

1369-1416 南北朝-室町時代の武将。
応安2=正平(しょうへい)24年生まれ。六角氏頼(うじより)の子。後見人京極高詮(たかのり)の跡をうけ,永和3=天授3年近江(おうみ)守護となる。応永17年飛騨(ひだ)国司姉小路尹綱(あねがこうじ-ただつな)追討の命にそむいて守護職を解かれたが,のち復した。応永23年11月7日死去。48歳。法名は崇寿。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

六角満高

没年:応永23.11.17(1416.12.6)
生年:応安2/正平24(1369)
南北朝・室町時代守護大名。近江国(滋賀県)守護佐々木(六角)氏頼の嫡子。幼名亀寿丸。応安3/建徳1(1370)年に父氏頼が死去すると,満高の後見人として(京極)高詮が近江国守護となった。しかし永和3/天授3(1377)年,高詮が六角家から追放されるのに伴って,幼少ながら名実ともに家督を継ぐこととなった。なお応永17(1410)年には,飛騨国(岐阜県)国司姉小路尹綱討伐の命に従わなかったため,近江国守護職を解任されたことがあり,翌18年,一時的に青木武蔵守持通が守護に補任されている。しかしほどなく守護に再任され,のち子の満綱に家督を譲った。<参考文献>『近江蒲生郡志』2巻

(宇野日出生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六角満高の関連キーワード国一揆守護大名山名儀俄氏秀菊池兼朝京極高詮長瀬泰貞仁木義員目賀田信有六角氏頼

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone