コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六郷政純 ろくごう まさずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六郷政純 ろくごう-まさずみ

1801-1822 江戸時代後期の大名。
享和元年生まれ。六郷政速(まさちか)の次男。兄政芳が病弱のため,文化9年出羽(でわ)本荘(ほんじょう)藩(秋田県)藩主六郷家8代となる。在任中に江戸家老内本一九郎の財政改革が譜代派の反発で失敗におわる事件があった。文政5年8月22日死去。22歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

六郷政純の関連キーワード六郷政恒

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android