コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同住居 きょうどうじゅうきょcommon dwelling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同住居
きょうどうじゅうきょ
common dwelling

血縁ないし地縁でつながった比較的多数の人々がともに居住する,通常1つの大きな家屋,部屋,屋敷などをいう。居住様式は各民族ごとに多様な様式を有している。共同住居には,ボルネオイバン族ロングハウスのように,いくつかの部屋 bilekが接続しているもの,ミンダナオのマンダヤ族の樹上家屋,中庭を共有する大きな建物に 100人以上が居住するアフリカのロサーラ族の例などがある。内部構成をみると,小家族が自由に結合したもの,拡大家族を形成するもの,一夫多妻による複合家族を内包するもの,インドのナヤール族のように日常成員として父=夫が含まれない大家族も存在する。さらにルソンのボントク族の集会所のように,未婚の子女や老人が共同で生活するものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

共同住居の関連キーワードランゾー・メドーズ国立歴史公園グループホームサリシュ族血縁

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共同住居の関連情報