コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同住居 きょうどうじゅうきょ common dwelling

1件 の用語解説(共同住居の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同住居
きょうどうじゅうきょ
common dwelling

血縁ないし地縁でつながった比較的多数の人々がともに居住する,通常1つの大きな家屋,部屋,屋敷などをいう。居住様式は各民族ごとに多様な様式を有している。共同住居には,ボルネオイバン族ロングハウスのように,いくつかの部屋 bilekが接続しているもの,ミンダナオのマンダヤ族の樹上家屋,中庭を共有する大きな建物に 100人以上が居住するアフリカのロサーラ族の例などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共同住居の関連キーワード地縁集団派生社会部落血縁集団血が繋がる繋がり類親血の繋がりつながり気味

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

共同住居の関連情報