コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同電話 キョウドウデンワ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共同電話
きょうどうでんわ

電話局と加入者間の1回線を複数の加入者が共通に利用している電話。普通別々に電話番号がついていて信号も別々に鳴る(同時に鳴るものもある)。一方の加入者が通話中のときは、他の加入者は通話ができず、秘話装置がないと話の内容が漏れるなどの欠点がある。設備費や使用料が安く、電話回線を有効に使えることから、使用回線の少ない住宅などに利用されてきたが、利便性などから減少傾向にある。[宇治則孝・星野博文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android