コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電話局 デンワキョク

大辞林 第三版の解説

でんわきょく【電話局】

電話の架設・交換などの業務を行う所。現在は NTT に属し、支店・営業所などと呼ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電話局
でんわきょく
telephone office

主として電話に関する電気通信設備を収容し、それらの保守運用や加入者に対するサービス業務を行う施設。日本では1890年(明治23)12月16日に東京および横浜で、手動交換による電話交換業務を開始したのが電話局の最初であるといえる。日本電信電話公社では収容設備や業務内容により、電話局、電報電話局、電話交換局、市外電話局などに類別していたが、1985年(昭和60)公社から日本電信電話株式会社(NTT)に移行したのち、89年(平成1)4月からは支店、営業所へ名称変更した。[坪井 了]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

電話局の関連キーワードエッジワース(Kenneth Essex Edgeworth)ラーテナウ(Emil Rathenau)ソ連による日本人の抑留CATVインターネットエーキン スペンサーA.M. ペレイラベストエフォートピンポン伝送方式E. ラーテナウテレホンサービスデジタル加入者線ローカルループ旧広島市下中町アルファ通信米沢 与三七寺田 ヒロオ装荷ケーブル平林たい子DSLAM留守番電話

電話局の関連情報