コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共通農業政策(CAP) (Common Agricultural Policy)

農林水産関係用語集の解説

共通農業政策(CAP) (Common Agricultural Policy)

1958年に創設された欧州経済共同体設立条約であるローマ条約により、共通農業政策が規定され、1968年から本格的に実施されている。CAPは「共通市場制度」と「農村開発政策」の2つの柱から構成され、農業生産性の向上、農家の所得増大、農産物市場の安定化等を目的とする。財政支出の抑制、WTO農業交渉等を背景として、数次にわたり、支持価格の引下げ及び直接支払いや農村開発政策の強化に向けた改革が行われてきた。

出典 農林水産省農林水産関係用語集について 情報

共通農業政策(CAP) (Common Agricultural Policy)の関連キーワードS.L. マンスホルト輸出課徴金・輸入課徴金単一ヨーロッパ議定書ヨーロッパ経済共同体アジェンダ2000東アフリカ協力条約ヨーロッパ計算単位マンスホルト計画ヨーロッパ共同体ヨーロッパ連合マンスホルトFEOGA農産物価格EAFRDEAGF農業政策EC予算欧州連合変性加工EU