CAP(読み)しーえーぴー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CAP

Colunbia AppleTalk Package。UNIX用AppleTalkプロトコルスタック。米コロンビア大学が開発した。UNIXワークステーションをMacのファイルサーバーやプリントサーバーとして利用できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

CAP

ChildAssaultPrevention(子供への暴力防止)の略。78年、米国オハイオ州で起きた少女暴行事件をきっかけに開発された。日本には85年に紹介され、95年秋からCAPを実践する専門家の養成講座が開かれるようになった。国内では150を超す団体が取り組み、道内でも9団体が活動している。

(2006-02-14 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

キャップ【CAP】[combat air patrol]

combat air patrol》戦闘空中哨戒。要撃戦闘機が戦闘を予期して指定空域で哨戒、待機すること。

シー‐エー‐ピー【CAP】[Common Agricultural Policy]

Common Agricultural Policy》共通農業政策。EU(欧州連合)加盟国間の農業をめぐる共通の政策。農産品の域内自由流通、一定価格の維持などを骨子とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

キャップ【CAP】

combat air patrol(戦闘空中哨戒)の略称。要撃戦闘機などがただちに戦闘行動をとりうるように指定された空域において哨戒し,または待機することをいう。防空作戦において敵機発見後,要撃機を地上から緊急発進させてもまにあわぬ恐れのある場合,効果的要撃を行うため要撃機にCAPを命じ,また航空機などの作戦行動時集合地点,航路上の要点など緊要地点・時期に上空援護を行う場合に戦闘機にCAPを命ずる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

CAP

〖Common Agricultural Policy〗
共通農業政策。ヨーロッパ連合の農業分野に関する共通政策。1968 年に確立。農産物の域内自由流通と、農家保護を目的とする価格支持政策などを主な内容とする。

CAP

〖competitive access provider〗
競争アクセス事業者。アメリカで、大口ユーザーを対象にした長距離電気通信のバイパスサービスや大都市の LAN のサービス業者の総称。

CAP

〖computeraided processing〗
コンピューター支援による加工。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のCAPの言及

【帽子】より

…その発生の歴史は古く,種類も多様である。クラウン(山の部分)とブリム(つば)からなるハットhat,頭巾型のフードhood,つばのないキャップcap,ひさしがつきあごで結ぶボンネットbonnetなどが基本型といえよう(図)。
[古代]
 頭に何物かをかぶるという習慣は古くから発生していた。…

※「CAP」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CAPの関連情報