共鳴放射(読み)きょうめいほうしゃ

化学辞典 第2版の解説

共鳴放射
キョウメイホウシャ
resonance radiation

光の吸収と放射のエネルギーが等しい系では,励起状態から基底状態への遷移に伴う放出光子を基底状態にある系がふたたび吸収することができ,またこの逆も可能である.このような放射を共鳴放射とよぶ.分子や固体中では,原子間のポテンシャルによってこのような事象は起こりにくい.しかし,孤立した原子では可能である.太陽光スペクトルに現れるフラウンホーファー線はこの身近な一例である.[別用語参照]共鳴線

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android