兵は凶器なり(読み)へいはきょうきなり

故事成語を知る辞典「兵は凶器なり」の解説

兵は凶器なり

戦争は人々を傷つけるだけの悪であることを述べたことば。

[使用例] 砲弾の表示する所は敵意であり、憎悪であり、火の残忍な威力である。「兵は凶器なり」とする東洋道徳を忘れ、永久の記念にかくのごとき物を用いて快しとするのは[与謝野寛与謝野晶子*満蒙遊記|1930]

[由来] 「国語えつ・下」に出て来る一節から。紀元前五世紀、春秋時代の中国でのこと。越という国の王が、外国に戦争をしかけようとしました。このとき、補佐役のはんれいは、「兵は凶器なり、争いは、事の末なり(武器は人を傷つける道具であり、争いは最低のやり方です)」と忠告しましたが、王は聞き入れませんでした。結局、この時の戦争は、越王にとってうまくいかない結果に終わっています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android