コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵器級プルトニウム へいききゅうプルトニウムweapon grade plutonium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兵器級プルトニウム
へいききゅうプルトニウム
weapon grade plutonium

プルトニウムのうち,核分裂性のプルトニウム (質量数 239および 241) の割合が 93%以上含むものをさす。軽水炉中の使用済み核燃料に含まれるプルトニウムを原子炉級プルトニウムと呼びただ,核分裂性のプルトニウムの割合が全体の 70%である。しかし,原子炉の中で中性子を吸収すると次第に質量数の大きなプルトニウムに変化していく。冷戦が終結し核弾頭の解体が進められるなかで,貯蔵施設をもたない旧ソ連のプルトニウムが問題になっている。高速増殖炉の燃料としての使い道はあるが,高速増殖炉の実用化が遅れていることもあり処理に手間取っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

へいききゅう‐プルトニウム〔ヘイキキフ‐〕【兵器級プルトニウム】

質量数239のプルトニウムを高濃度に含むプルトニウム。核兵器の解体によって発生するほか、特殊な原子炉でウラン238から生産される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兵器級プルトニウムの関連情報