兵器級プルトニウム(読み)へいききゅうプルトニウム(英語表記)weapon grade plutonium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兵器級プルトニウム
へいききゅうプルトニウム
weapon grade plutonium

プルトニウムのうち,核分裂性のプルトニウム (質量数 239および 241) の割合が 93%以上含むものをさす。軽水炉中の使用済み核燃料に含まれるプルトニウム原子炉級プルトニウムと呼びただ,核分裂性のプルトニウムの割合が全体の 70%である。しかし,原子炉の中で中性子を吸収すると次第に質量数の大きなプルトニウムに変化していく。冷戦が終結し核弾頭解体が進められるなかで,貯蔵施設をもたない旧ソ連のプルトニウムが問題になっている。高速増殖炉の燃料としての使い道はあるが,高速増殖炉の実用化が遅れていることもあり処理に手間取っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兵器級プルトニウムの関連情報