コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵士の物語

2件 の用語解説(兵士の物語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

兵士の物語

ロシア生まれの作曲家イーゴリストラヴィンスキーの舞台音楽。原題《L'histoire du soldat》。兵士と悪魔のやりとりを描いたもの。第一次世界大戦末期という時代を反映し、小規模の編成で演奏される。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

へいしのものがたり【兵士の物語 L’histoire du soldat】

ストラビンスキー作曲,ラミュCharles‐Ferdinand Ramuz(1878‐1947)台本による1918年の音楽劇。〈読まれ,演じられ,踊られるà réciter,jouer et danser〉という副題をもつこの作品は,西洋の伝統的な大道芝居や旅回りの劇場を生かす音楽劇として構想され,朗読,パントマイムバレエ,人形劇などさまざまな場面によって構成されている。ストラビンスキーと詩人ラミュの共同作業によって作られた物語は,ロシアの伝説によるもので,休暇をもらって帰省中の兵士が,魔法の本と引換えに悪魔に魂を売り渡してしまうというもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の兵士の物語の言及

【ストラビンスキー】より

… 第1次世界大戦の開始によって祖国に戻れなくなったストラビンスキーは,バレエ曲《結婚》やオペラ《きつね》などで民族主義的な方向をおし進めると同時に,これまでの大編成のオーケストラを縮小し,明白な調性と簡潔明瞭なリズムによる〈新古典主義〉に徐々にスタイルを変化させていった。《兵士の物語》《プルチネラ》《管楽器群のためのシンフォニーズ》《管楽八重奏曲》は,新古典主義時代の代表的な作品で,ロシア的な色彩はうすくなり,ヨーロッパの17,18世紀の古典的なスタイルが模倣・借用されている。また1918年の《十一楽器のためのラグタイム》以来,アメリカで流行していたジャズに興味を示し,ジャズのイディオムをとりいれて芸術音楽の領域を拡大した。…

※「兵士の物語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

兵士の物語の関連キーワードストラビンスキーニジンスカ春の祭典カービングスキーローンスキーマルス エクストラコトランスキー岩ストラヴィンスキー:ピアノ・ソナタ 嬰ヘ短調/piano soloストラヴィンスキー:ピアノ・ソナタ/piano soloストラヴィンスキー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兵士の物語の関連情報