コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

具体的実効的支配 ぐたいてきじっこうてきしはい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

具体的実効的支配
ぐたいてきじっこうてきしはい

国家が一定の地域を有効に占有し,具体的に国家機能を及ぼして統治することにより支配権を確立すること。国際法上,一定の政治的存在が国家であるための要素の一つであり,また,国家が一定の地域を新たに自己の領域とする場合にも,単なる発見や歴史的事実のみでは不完全で,領有の意思と実効的な支配という要件が必要となる。特に領土紛争に際しては,この実効的支配の要件が重要なポイントとなる。ただし実効性の判断基準は,人が住み通常の生活が営まれる場所と,たとえば極地などとでは異なってくる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android